改造車、カスタムカーの中古車としての評価

改造車、カスタムカーをひとくくりにしても改造の度合いやカスタムしている車種などによりその程度は違いますよね!
中古車として改造車が低評価になるのは、エンジン系統の改造です。エンジンをいじっている改造車は、中古車としての評価は良くないですね!

 

エンジン以外の箇所でも改造車、カスタムカーは、中古車として売却する際にはマイナス査定になることが多く、改造費がかかっているにも関わらず、ノーマル車よりも安くなることも多く、売却する際に辛い思いをします。

 

では改造車、カスタムカーは中古車としての売却の際に評価は低くなることが前提になりますが、中にはプラス評価になる改造車もあるようです。
改造することが前提になっているような車種やカスタムすることで価値が上がる車種などです。4WD車の1部の車種やSUV車、ミニバン、スポーツカーなどの1部の車種では、改造することで価値が上がる車種もあるそうですが、カスタムの方法や箇所、改造したパーツの価値などにもよりますね!
このようなケースは、あまり多くはありませんが、改造車の全部が、中古車としての価値が低くなるという事はありません。
しかし、総合的に見た場合、改造車、カスタムカー、ドレスアップカーと呼ばれる車は、中古車としての売却の際に評価は悪くなります。

 

それでは、改造車、カスタムカー、ドレスアップカーを中古車として出来るだけ高評価、高価格で売りたい場合はどうすればいいのでしょうか?
これは、ズバリその車の改造車やカスタムカーに興味のなる業者への売却が有利な売却に繋がります。その為には出来るだけ多くの車買取業者や中古車販売店などの査定依頼が有利になることは言うまでもありません。
改造車の中古車もノーマル車同様、車買取一括査定サイトの利用が有利な売却、高額査定に繋がります。